おせち2017

2017年のお正月に相応しいおせち料理は?

ここ数年、おせち料理を手作りせずにネット通販などで購入している家庭が増えていますね。その中でも人気なのが洋風のおせちや生おせちと呼ばれる冷蔵のおせちです。通販や市販で購入するおせちは

 

 

家庭では準備できない料理をおせち料理で食べれるというのもメリットのひとつです。


なので、通販で洋風のおせちが人気するのも肯ける話ですが、お正月に食べるおせち料理は本来、年神様へのお供えの料理であり且つ縁起ものの料理でもある為、全くそのような品が盛り込まれていないおせち料理はお正月には相応しくないといえるかもしれません。

 

家庭で手作りする場合と同様、

 

 

  • 子孫繁栄や五穀豊穣
  • 健康と安全

を祈願した料理がおせちに盛り込まれていないのは何とも正月には寂しいものです。といった事から手作りするにしろ、洋風や中華のおせち以外にも和風を盛り込んだ折衷おせちを購入するのがおすすめです。

 

近頃の通販や市販されている和風のおせちは折衷おせちでなくとも洋風や中華風の創作料理を2,3品盛り込んでいるおせちも多いので黒豆や栗きんとん、伊達巻、紅白蒲鉾といった基本的な縁起ものの料理と一緒に愉しめます。

2017年人気おせち通販おすすめランキング

購入するおせち料理の人気メニューって?

お正月におせち料理を食べないという人が増えてきている一方でここ数年の間に急激に伸びてきたのがおせちの市場です。伸びてきたといってもおせちに使用する材料等の購入等ではなく調理済みのおせち料理の販売市場です。

 

おせち市場の規模が大きくなったとはいえ、手作りする世帯の数には未だ及びません。しかし、将来的には購入する世帯が手作りする世帯を上回る時がくるかもしれませんが同時に食べない世帯へと変化していく可能性が高い為、市場の競争が激化するのは見えています。

 

特に販売されているおせち料理は年々、バージョンアップされ、通販などではバラエティに富んだおせちを取り扱っています。中でも注目されている中華や洋風料理のオードブルが人気で本格的な和風おせちなどにも創作料理として取り入れられています。

 

洋風オードブルでも代表的なのがローストビーフで折衷おせちには定番といっても良いほど取り入れられているメニューです。その他、洋風オードブルで人気のメニューといえばテリーヌやマリネ、オマール海老のグラタンなども人気です。

 

洋風料理の良いところは色彩の華やかな料理が多いという点です。本来、手作りのおせち料理の場合、煮物などの保存食が多い為、プロの創作的な料理も加えなければ華やかにならないものですが、洋風オードブルであれば食卓を華やかにしてくれます。

 

なので、和風のおせちだけ手作りして洋風のオードブルを購入するというのもお正月の食卓に華やかさを持たせるひとつのコツといっても良いでしょう。中でもお口直しに食べるデザート的な創作料理は洋風オードブルならではです。

 

そして、もうひとつの人気メニューとして洋風オードブルにもない魅力があるのが中華オードブルです。中華オードブルには基本的に子供の好きなメニューが多いです。

 

確かに洋食も子供は好きですがおせちとして販売している洋風オードブルはどちらかといえば、大人向けのメニューが多いので小さい子供がいる世帯であれば、和洋中のおせち料理を購入するのがおすすめです。

 

本来、中華は温かい料理がメインとなるのでおせちやオードブルには不向きだと思われがちですが、海老チリソースや小龍包などは冷めても美味しく食べれるような状態で調理されているのでわざわざ温め直す必要もないかと思います。

 

また、焼豚や蒸鶏といった中華のコース料理の前菜として出されるメニューも入っているオードブルが多いので意外に中華オードブルは好評なのです。子供には蟹爪揚げやごま団子の人気が高いです。

 

といっても、販売する業者によって内容も味も違うので選ぶ際は中身をしっかりと確認してから予約するようにしましょう。冷凍を敬遠される人も多いですが売れ筋人気の商品であれば迷わずに予約しましょう。

おせち2017おせち2017おせち2017おせち2017おせち2017おせち2017おせち2017おせち2017おせち2017おせち2017