おせち2018

我が家のお雑煮レシピ

我が家のお雑煮は、鶏肉、大根、ニンジン、しいたけ、なるとを煮込むとだしがでて、しょうゆであじつけをしたところに、焼いたおもちかレンジでチンしたおもちを入れて作ります。お雑煮には仕上げに三つ葉を入れます。

 

関東風のこのお雑煮は、子供の頃から食べていて、作るのも上手になりました。我が家のお雑煮の味は、なるとと鶏肉からだしがでて、大根やニンジンも柔らかく、さっぱりしています。ですから、おもちは2個から3個は食べられてしまいます。

 

我が家のお雑煮は消化が良いので、風邪気味の時でもおいしく食べられて、胃腸にも優しいです。最後に入れる三つ葉がアクセントになって、上品な味付けになります。我が家のお雑煮のお気に入りは、味が染みた鶏肉となると、大根です。

 

 

お餅も煮込むと少しだけとろっとして柔らかくなって美味しいです。


お雑煮に入れるなるとがないときは、かまぼこを入れてつくります。我が家のお雑煮は、子供の頃からこのお雑煮を作ってくれた、おかあさんの味がして感慨深いものもあります。

ごちそうの雰囲気がいいです

お正月の鶏肉料理では元旦からのお雑煮がひとつ、毎年同じで変わり映えしませんが素材と作り方がずっと同じもいいかと思います。夕食なら鶏肉使ってレンコンやニンジン、ゴボウとシイタケなどで筑前煮にして、色味はきぬさやにしています。

 

鶏肉は普段でもご馳走の感じですが、お正月にもボリューム感があってよい素材、基本の二品の他としたら味付けたゴボウやニンジンを丸くしていく八幡巻きとか、もも肉のロール巻きでしょうね。

 

 

野菜を準備して鶏肉を平らにしたり、野菜を煮付ける用意の時間は要りますが・・・


手間かけた分の美味しさとかお正月らしい雰囲気がいいですね。こういったお正月メニューを消化したら普段みたいなメニューも新鮮なので、照り焼きとかさっとソテーしておかずに作ったりします。

 

お正月なので野菜も揃っているし、作る時間もありますからね、いつもより落着いてキッチンでの料理時間になる良さもあります。鶏肉を数枚買っておけば、スープとかサラダ素材にしても。

おじさんからのお届け物

我が家で、お正月に必ずと言っていいほど食卓にのぼるのは、ずばり「カニ」です。鳥取県に住んでいる私の父のお兄さんから毎年、年末に大きな松葉ガニがお歳暮として届きます。それを、みんなで新年におせちと一緒に並べていただきます。

 

届くのは生の松葉ガニなので、大きなお鍋で茹でて、アツアツを食べます。

 

 

私はそのままで食べますが・・・


父や母は三杯酢をつけていただきます。うちに来る甥っ子や姪っ子たちも毎年お年玉よりもカニを楽しみにしているくらいで大喜びして食べますが、「カニの身を出すのが上手にできない!」と駄々をこねるので仕方なく私が身をほぐして食べさせてあげます。

 

やはりおいしいカニを目の前にするとみんなが食べるのに一生懸命になってしまい、会話が止まってしまい、リビングがシーンとなります。それを「誰か喋ってよね!」とみんなで笑いあうのも毎年のことです。

 

 

美味しさと笑いがおこるカニを送ってくれる鳥取のおじさんに感謝です!


これに影響されたこともあって先日毛ガニを北海道の人気通販から取寄せました。

 

>>美味しいおせち料理が購入できる人気通販はコチラ<<